http://mental.blogmura.com/healing/

時空の詩

光の使者バロンと共に、明日につながるメッセージを届けています

こんばんは くうです

 

人と会った後に すご〜く疲れます、という経験に

覚えがある方は結構多くいらっしゃるようです

 

話の内容がネガティブな場合は、皆さん誰でも さすがに

嫌な気持ちになってしんどく感じてしまうものですが

そうでなくって、その方と会って楽しくすごしたのに疲れちゃう場合

一体何が起きているのでしょうか?

 

くうが思うに

人と人が交流する際に起こる エネルギーの境界線に秘密があるように

感じるのですね

 

どっと疲れてしまうあなたの場合  相手と接している時に

 

ほとんどが自覚ないままに

 

・相手の心情や感情に合わせてしまう

  つまり、真剣に気持ちを聴きとろう受け取ろうとしている行為が

  自分と相手との境界線を曖昧にしてしまっているわけですね

 

人として 優しく親身になれる人でもあるのですが

 

すると こういう状況の時に 何が起きているかといいますと

 

・あなたのエネルギーは、相手に流れていきます

 つまり、良いエネルギーが 相手に流れていき それを相手は受け取ります

 

すると 相手は

〜ああ すごく楽しくて すっきりした この人(あなたのこと)といると

 楽になるし、いいわぁ〜〜♪

 

と感じます

確かに その時には喜んでもらえたかもしれません・・・が 人は忘れっぽいのです

 

いつしか

あなたからの元気エネルギーを受け取るのは「当たり前」に なっていきます

 

あなたからエネルギーをもらった その相手は 元気になるし

運もよくなります

 

けれど

一方のあなたは 疲れを感じ 運も落ちていきます。。。

だって、あなたの中にあるべき本来のエネルギーがすでにスカスカになっていて

そのスカスカを満たすに追い付かないからです

(自分の内側を満たすだけのゆとりがあればいいのですが)

 

こういったケースが現実には

 良い人 ほど起きるのは 不合理に感じますよね

 

では それに対処することは可能なのでしょうか?

次に続きます

フキノトウ 冬に体内に溜った毒消しに食べます

 

クリック応援もお願いいたします

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます

 

 

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする